ブログ

WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を初心者でも分かりやすく徹底解説

WordPressブログの始め方を初心者でも分かりやすく徹底解説

どうも、あつお(@atsuo5899)です。

WordPress(ワードプレス)のブログは
カスタマイズの自由度が高く、

ブログで収益を上げたいなら
必須のサービスです。

ただ、無料ブログと比べて
設定する部分が多く、

初心者の方は難しいと感じることが
あるかもしれません。

そこで今回の記事では、
WordPressブログの始め方

画像付きで初心者にも
分かりやすく解説していきます。

  • WordPressの始め方を教えて欲しい!
  • 挫折しないでWordPressブログを始めたい!

上記のような方は
ぜひ参考にしてください。

 

SEO講座無料登録バナー

WordPressでブログを始めるために必要な全手順

WordPressを始める際の手順

まず、WordPressでブログを始めるために
必要な全手順をまとめておきます。

  • ドメインを取得する
  • レンタルサーバーを契約する
  • ドメインとサーバーを紐づける
  • WordPressをサーバーにインストールする
  • テーマを変更する
  • 初期設定を行う

上記のような手順で進めていきます。

ちなみに僕は過去に30個以上の
WordPressブログを作ってきたので、

知識量は問題ないと思います。

慣れてしまえば1時間程度で
できる作業ですので、

この記事を読んでWordPressブログの
始め方を習得しましょう。

ここから1つずつ紹介していきます。

 

独自ドメインを取得する

ドメイン取得のイメージ画像

最初にブログを運営する
独自ドメインを取得します。

独自ドメインとは、このブログだと
「miraihack.info」の部分で、

ブログの住所のようなものです。

ブログを始めるには
独自ドメインを取得する必要があります。

 

ドメイン取得はお名前.comがおすすめ

独自ドメインを取得できるサイトは
数多くありますが、

特にこだわりがなければ
「お名前.com」で良いと思います。

GMOが運営している
ドメイン登録サービスで、

僕もドメイン取得の際には使用しています。

お名前.com
https://www.onamae.com

ここからお名前.comで
ドメインを取得する手順を

詳しく見ていきましょう。

 

取得するドメイン名を決める

まずは取得するドメイン名を決めます。

このブログだと
「miraihack」の部分ですね。

ドメイン名によって
SEOの強さが変わることはありませんが、

なるべくブログ名と関連する
ドメイン名にした方が

ユーザーから見たときに
分かりやすいです。

お名前.comのドメイン一覧 お名前.comのドメイン入力欄の画像

まずはお名前.comの
トップページにアクセスし、

「ドメインを登録する」をクリックし、

「ここにキーワードを入力してください。」

の部分に希望の
ドメイン名を入力します。

miraihackのドメイン一覧画面

試しに「miraihack」で
検索をしてみました。

僕が取得している「.info」や
「.xyz」は取得できませんが、

「.net」や「.biz」であれば
取得可能です。

「.com」や「.net」などによって
SEOの強さが変わるという話もありますが、

実際にはそこまで影響はないので
好きなものを選んでOKです。

ただ、無難なのは使っている人が多い
「.com」かなと思います。

お名前.comの料金確認ボタン

この中から1つを選んで
「料金確認へ進む」をクリックします。

 

ドメインを購入する

お名前.comドメインの料金確認画面

このような画面に移りますので、
料金を確認します。

とりあえず1年分を購入し、
2年目以降は自動更新という形で大丈夫です。

  • Whois情報公開代行メール転送オプション
  • ドメインプロテクション

の2つに関しては
特にチェックを入れなくてもOK。

初めてお名前.comを利用する人は
右側に

  • 登録用メールアドレス
  • 登録用パスワード

を入力し、
「次へ」をクリックします。

お名前.comの個人情報入力画面

次に、このような会員情報の入力画面に
切り替わるので、

  • 種別
  • 名前
  • 住所
  • 電話番号

などのアカウント情報を記入します。

お名前.comのクレジット情報入力画面

続いて、お支払い情報を入力します。

  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 銀行振込
  • 請求書

の中から好きな方法を
選ぶことが可能です。

情報を入力したら
右の「申し込む」をクリックします。

お名前.comのロード画面

これが100%になると、
下記の画面に切り替わって

登録が完了します。

 

レンタルサーバーを契約する

レンタルサーバー契約のイメージ

次に、レンタルサーバーを契約します。

サーバーを契約することで、
取得したドメインでブログを運営することが可能です。

色々なサーバーがあるのですが、
その中でも初心者におすすめなのは

エックスサーバーになります。

初心者にはXSERVER(エックスサーバー)がおすすめな理由

数あるサーバーの中でも、
エックスサーバーが

おすすめな理由をまとめます。

  • 動作が安定している
  • 管理画面が分かりやすい
  • 月額1,000円程度で契約可能
  • 1つのレンタルサーバーで登録できるドメインが無制限
  • 無料独自SSLが使用可能
  • メールや電話サポートの対応が早くて丁寧

上記の理由から、
初心者の方にはエックスサーバーがおすすめです。

あつお
あつお
僕も3年以上エックスサーバーを使用していますが、

何か分からないことがあるとメールで質問をしています。

非常に丁寧で迅速に対応してくださるので、いつも助かっています!

 

エックスサーバーの契約を申し込む

それでは、エックスサーバーの
契約の申込みを行います。

最初にエックスサーバーのサイトへ
アクセスします。

エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp

右側にある「お申し込みはこちら」という
ボタンをクリックします。

初めて利用する人は

「10日間無料お試し 新規お申し込み」

というボタンをクリックしましょう。

契約情報を入力する
画面に切り替わるので、

  • サーバーID
  • プラン
  • メールアドレス
  • 登録区分
  • 名前
  • 住所
  • 電話番号

などのアカウント情報を入力します。

プランは一番安い
「x10プラン」で大丈夫です。

ちなみに、月1,000円のx10プランで
月間約50万PVまで耐えられます。

個人ブログであれば
x10プランで十分です。

エックスサーバーのお申し込み確認へ進む

入力が全て完了したら、

「お申し込み内容の確認へ進む」

のボタンをクリックします。

これでお申し込みは完了です。
10日間は無料お試し期間となっています。

 

サーバー料金を支払う

申し込んだ段階ではまだ仮契約なので、
料金の支払いを行いましょう。

後でも支払いはできますが、
忘れてしまうと設定が

やり直しになってしまうので
早めに支払っておくのがおすすめです。

まず、申し込んだ際に送られてきた
メールから

「インフォパネル」にログインします。

エックスサーバーのアカウント設定完了メール

このようなメールですね。

エックスサーバーのインフォパネルログイン画面
  • メールに記載された会員IDもしくはメールアドレス
  • インフォパネルパスワード

の2つのアカウント情報が
メールに記載されているので、

インフォパネルにアクセスしましょう。

どちらもメールに記載されています。

エックスサーバーの料金のお支払い/請求書発行

ログインができたら、画面左の

「料金のお支払い/請求書発行」

をクリックしましょう。

エックスサーバーのお支払い伝票の発行

下にスクロールをして、
「お支払い伝票の発行」の部分で、

  1. チェックを入れる
  2. 期間を選択する
  3. 「お支払い方法を選択する」をクリック

を行います。

後は料金を確認して支払いを行うだけです。

支払い方法に関しては、

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • ペイジー払い

を選ぶことが可能です。

これでサーバーの契約は完了です!

 

ドメインとサーバーを紐づける

ドメインとサーバーの紐付けのイメージ

次に、取得したドメインと
サーバーを紐づける作業を行います。

初心者にはちょっと
分かりにくいかもしれませんが、

やること自体は非常に簡単です。

具体的には、

  1. お名前.comでサーバーを設定する
  2. エックスサーバーでドメインを設定する

の2つです。

ここから詳しく解説していきます。

 

お名前.comでサーバーを設定する

お名前.com Naviのログインボタン

まず、お名前.comの
トップページへアクセスし、

右上の「お名前.com Navi ログイン」
をクリックします。

お名前.comのログイン画面

ログイン画面に切り替わるので、
登録した際に設定された

  • お名前ID(会員ID)
  • パスワード

を入力します。

お名前.comのドメイン一覧タブ

するとこのような画面になるので、
グローバルメニューの中の

「ドメイン一覧」をクリックしましょう。

取得したドメインが一覧で表示されるので、
先ほど取得したドメイン名をクリックしてください。

ネームサーバー情報を変更するボタン

ドメインの詳細情報が表示されるので、

「ネームサーバー情報」>「変更する」

をクリックします。

お名前.comのネームサーバー設定画面

すると、このような画面に
切り替わるので、

「他のネームサーバーを使用」

のタブをクリックしましょう。

その後、

「ネームサーバー情報を入力」

エックスサーバーの
ネームサーバー情報を入力します。

ちなみに、エックスサーバーの
ネームサーバーは下記になりますので、

こちらをコピペして貼り付けてください。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

これで取得したドメインを
エックスサーバーで使用することが可能です。

 

エックスサーバーでドメインの設定をする

続いて、エックスサーバーで
ドメインの設定を行います。

エックスサーバーのサーバー管理ボタン

まずは先程の「インフォパネル」にアクセスしましょう。

「ご契約内容」>「サーバー管理」をクリックします。

エックスサーバーのサーバーパネルのドメイン設定

すると、このような「サーバーパネル」に
入れますので、この中の

「ドメイン」>「ドメイン設定」

をクリックします。

ドメイン設定追加タブ

すると、「ドメイン設定追加」というタブがありますので、
こちらをクリックします。

ドメイン追加設定画面

お名前.comで取得したドメイン名を
こちらに入力します。

  • 無料独自SSL設定
  • Xアクセラレータ

にはチェックを入れておきましょう。
「確認画面へ進む」をクリックします。

エックスサーバーのドメイン確認画面

「以下のドメイン設定を追加しますか?」

という画面になるので、
「追加する」ボタンをクリックします。

エックスサーバーのドメイン設定完了画面

すると、このような画面になって
ドメインを設定することができました。

これでエックスサーバーに
ドメインを設定することができました。

あつお
あつお
初心者の方は仕組みが
よく分からないと思いますが、

とりあえずここに書いてある通りにやってみてください!

仕組みが分からなくても
真似すれば必ずできますので!

 

独自SSL設定を行う

SSL化のイメージ画像

エックスサーバーでは「独自SSL」という
設定を行うことが可能です。

独自SSL設定とは、
サイト訪問者がメールアドレスなどの

個人情報を送信する際に、
その情報が暗号化される設定です。

GoogleもサイトのSSL化を
推奨しており、

Google Chromeのブラウザで
SSL化が行われていないサイトでは

「保護されていません」という
セキュリティ警告が表示されます。

SSL化が行われていないと
ユーザーからの信頼性が下がる

可能性があるため、
しっかり行っておきましょう。

 

エックスサーバーで独自SSL設定を行う方法

まずは「インフォパネル」から、
「サーバーパネル」へ移動します。

エックスサーバーの独自SSL設定

「ドメイン」>「SSL設定」

をクリックしましょう。

独自SSL追加設定タブ

するとこのような画面に切り替わるので、
「独自SSL設定追加」のタブをクリックします。

SSL化したいドメインを選択

SSL化したいドメインを選択し、
「確認画面へ進む」をクリックしましょう。

エックスサーバーの独自SSL設定完了画面

このような画面になれば設定が完了です。

あつお
あつお
SSL設定は反映までには1時間くらいかかるので、

すぐに利用できなくても焦らなくて大丈夫です。

 

WordPressをサーバーにインストールする

WordPressのインストールイメージ

続いて、WordPressをサーバーに
インストールしていきます。

この設定ができれば、
いよいよWordPressブログを

始めることができるので、
後もう少し頑張りましょう!

余談ですが、WordPressの
インストールだけで10万円とかの

見積もりを出す会社もあります。
Web業界の闇ですね。。。

普通にワンクリックでできますので、
業者に頼まないようにしてください。

サーバーパネルのWordPress簡単インストール

まずはエックスサーバーの
「サーバーパネル」から、

「WordPress」>
「WordPress簡単インストール」

をクリックします。

WordPress簡単インストールの入力画面

WordPressインストールの
タブをクリックし

  • サイトURLを選択(www.なしでOKです)
  • ブログ名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

を入力します。

ブログ名に関しては
後からでも変更できるので、

この段階では仮の名前でも大丈夫です。

全て入力できれば、
「確認画面へ進む」をクリックします。

WordPress簡単インストールボタン

内容を確認し、
OKであれば

「インストールする」をクリックします。

WordPressのインストール完了画面

このような画面になれば
WordPressのインストール成功です。

「管理画面URL」をクリックし、
ユーザー名とパスワードを入力すれば

ログインすることができます。

ここまで来れば、
WordPressブログ開設の

説明は終わりです。

お疲れ様でした(^^)

あつお
あつお
管理画面URLは今後何度も
アクセスすることになるので、

ブックマークしておくことをおすすめします。

 

テーマを変更してデザインを決める

WordPressをインストールした
デフォルトの状態だと、

「Twenty Nineteen」という
テーマが設定されています。

WordPressのテーマ設定画面

左のメニューの「外観」>「テーマ」と
進むと現在設定されているテーマを

確認することができます。

WordPressの新しいテーマを追加ボタン

「新しいテーマを追加」という
場所をクリックすると、

いくつもあるテーマの中から
自分が好きなデザインを選ぶことができます。

テーマとは、WordPressの
デザインを決めるテンプレートです。

無料のものから有料のものまで
様々なテーマが用意されているため、

ブログの見た目を
自由に変えることができます。

ちなみに、僕が使っているのは
有料テンプレートの「JIN」です。

JIN(ジン)|真の使いやすさを追求したWordPressテーマ
https://jin-theme.com

多くのブロガーさんが
使っているテンプレートで、

デザイン性や使い勝手が良いです。
良かったら使ってみてください。

ちなみに、無料テンプレートで
評判が良いのは「Cocoon」です。

Cocoon | WordPress無料テーマ
https://wp-cocoon.com

デザインもシンプルで
クセがないので、

まずは無料でブログを始めたい
人にはおすすめのテンプレートになります。

 

SEO対策を意識したWordPressの初期設定

WordPressの設定を行うイメージ画像

最後に、SEO対策を意識した
WordPressの初期設定

について解説していきます。

ここで説明する設定をするだけで
SEOで上位表示される可能性が

高まりますので、
ぜひ最初に設定を行ってみてください。

URLを「http」から「https」に変更する

エックスサーバーで
独自SSL設定を行ったと思いますが、

WordPressの設定でURLの
「http」を「https」に

変更する必要があります。

WordPressの一般設定

設定を行うには、

「WordPressのダッシュボード」>
「設定」>「一般」

と進みます。

ワードプレスの一般設定画面

そこに、

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

という項目がありますので、
URLの「http」を「https」に変更しましょう。

そうすることで、
サイトのSSL化が完了します。

サーバー側のSSL設定を行ってから
すぐにWordPressで

「http」→「https」の
変更をしてしまうと、

設定が反映されずにサイトが
表示されないことがあります。

サーバー側の設定には
1時間程度かかるので、

表示されない場合は
少し時間を置いてみましょう。

 

更新情報サービスの設定

続いて、更新情報サービスの設定
についてご説明します。

更新情報サービスとは、
WordPressの記事を更新した際に

自動的にブログランキングサイトなどに
通知をしてくれる機能
のことです。
(=PING送信)

ぶっちゃけ、SEO的に
そこまで重要ではないですが、

おまじない的に
設定しておいたほうがよいでしょう。

WordPressの投稿設定のボタン

具体的には、

「WordPressのダッシュボード」>
「設定」>「投稿設定」

と進んでいただき、

「更新情報サービス」という部分に
情報を送信するURLを入力します。

WordPressの更新情報サービス

2019年におすすめのPING送信先は
下記にまとめていますので、

こちらを設定しておけばOKです。

おすすめの更新情報送信先一覧
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2 http://blogsearch.google.com/ping/RPC2 http://ping.dendou.jp/ http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/ http://pingoo.jp/ping/ http://ping.feedburner.com/ http://ping.rss.drecom.jp/ http://rpc.pingomatic.com/ http://rpc.reader.livedoor.com/ping

 

プラグイン設定

WordPressの大きな特徴として、
プラグインというものがあります。

プラグインとは

標準のWordPressにはない機能が
「プラグイン」という形で配布されており、

追加インストールすることで
サイトに新しい機能を

つけることができます。

プラグインを追加しすぎると
サイトの表示速度が遅くなるので、

入れすぎには注意が必要です。

最低限必要なプラグインに関しては
初期設定の段階で

インストールしておきましょう。

※おすすめのプラグインに関しては、
現在仮説検証を繰り返してテスト中です。

 

パーマリンク設定

最後にパーマリンクの設定です。

パーマリンクとは、
各ページごとに割り当てられる

URL末尾のことです。

例えば、このブログの場合、

「https://miraihack.info/blog-income-method/」

「blog-income-method/」

の部分がパーマリンクになります。

WordPressのパーマリンク設定

パーマリンクは

「WordPressのダッシュボード」
>「設定」>「パーマリンク設定」

で設定を変更することが可能です。

パーマリンクの投稿名設定

いくつかの設定がありますが、
僕のおすすめは「投稿名」です。

投稿名の設定にすると、
自分でパーマリンクを

変更することが可能です。

WordPressのパーマリンク編集ボタン

新規記事の投稿画面で
記事タイトルを入力すると

下に「パーマリンク」という表示が現れ、

そこでパーマリンクを
変更することができます。

「編集」をクリックすると
パーマリンクを編集できるので、

キーワードを英語に変えて
設定するのがおすすめです。

例えば、

「WordPress ブログ 始め方」

というキーワードで
狙っている記事であれば、

「wordpress-blog-start」

のようなパーマリンクがおすすめです。

このようなパーマリンクにすることで、

  • URLを見ただけで何の記事か判断できる
  • SNSなどでシェアされたときに分かりやすい
  • 「wordpress」などのキーワードを入れることができる

などのメリットがあります。

パーマリンクは一度設定してしまうと
後から変更するのが難しいので、

最初の段階で設定をしておきましょう。

あつお
あつお
ちなみに、パーマリンクは日本語でも設定できますが

HTML上での表記がやたらと長くなってしまうのでおすすめできません。

 

まとめ:WordPressでブログを始めてみよう

今回はWordPressブログの始め方について
初心者でも分かりやすく紹介してきました。

ドメインを取得したり、
サーバーを契約したり、

初心者にとっては少しハードルが高いように
感じるかもしれませんが、

この記事の通りに進めれば
WordPressブログを始めることが可能です。

無料ブログに比べて自由度が高く、
SEOでも評価されやすいので、

ブログで稼ぐなら
WordPressを使うのがよいでしょう。

あつお
あつお
ぜひWordPressで楽しい
ブログライフを始めましょう!
ブロガーのためのSEO動画教材を無料配布中!
当サイトでは、現役SEOコンサルが教える
「SEOゼロベース講座」の動画教材を無料配布中です!

 

SEOゼロベース講座SEOゼロベース講座のイメージ

ブロガーが検索エンジン経由で集客するためのSEOの基礎知識について動画で解説しています。

ブログを成功させるために知っておくべきSEOの知識を学ぶことができます。

【受け取り方法】

無料動画教材を受け取りたいメールアドレスを入力。(必須)

※上記メールアドレスに、動画教材視聴URLを記載したメールが届きます。無料メールマガジンはいつでも解約できます。個人情報はSSL化により暗号化されており、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理されます。